test

交換商品

家のおもちゃと間取り図

木材利用ポイントに関して注意点を見ておく

住宅建築の場合には、木材を利用する事が多くあります。最近では、薪ストーブなどを屋内に設置して、木材を利用した自然の温もりを求める人も多くなっています。林野庁では、ある特定木材を利用する事で、ポイントを付与する木材利用ポイントサービスを実施しています。木材建築やリフォームなどに限らず、ペレットストーブや薪ストーブを購入した場合にも利用できますので、該当のある方は、是非申請してみてください。木材利用ポイントに関する注意点としては、まずは現在では申請期限が平成27年5月31日に迫っていますので、その期限前に書類等を準備し申請する必要があります。費用等は特に掛かりませんので、建築施工会社に申請を依頼する場合でも、大きな金額が請求される事もないはずですので、留意しておいてください。

知っておくべき情報について探る

木材利用ポイントに関しては、まずは現在申請期限が迫っている事で、申請を急ぐ必要があります。加えて、申請期限に向けて、申請者がこれから混み合ってくる可能性もあります。発行利用ポイント数の上限に達すると、木材利用ポイントサービスが途中で打ち切られる事になりますので、十分に留意して申請する様にしてみてください。また、交換商品としては、特に地域の特産品などがあり、お肉や果実のジュース、麺類などその種類も豊富にあります。カタログなどを利用すると、ポイント数毎に写真付きで掲載されていますので、参照してみてください。食べ物の他にも、木材を利用した美しい工芸品もあります。木製のイスやテーブルなども含まれていますので、生活の中に更に木の温もりを増やす事も可能になっています。