test

使って地域活性化

鍵

木材利用ポイントは使うべき制度

木材利用ポイントとは、木材の需要を掘り起こすために作られた制度です。これは、日本の森林において、植林などで新しく育つ木よりも建材などに使われる木材が少なくなっていることが理由です。古い木を伐採できないと、新しい木を植えることも木を太く育てるための間伐も困難となります。それでは、日本の森林を守ることが出来ません。この制度では、対象の地域から切り出された木材を利用した木造住宅の新築・リフォームや木材製品の購入などに対して、ポイントが付与されます。1ポイントは1円に相当します。ただし、このポイントの付与は、期限内にポイント発行申請をすることが条件です。発行対象となっているならば、早めの申請が必要です。付与されたポイントでは、肉や魚などの農林水産物や体験型旅行、商品券、地域復興のための寄付などに交換できます。しかしながら、住宅エコポイントと違い、一般消費者への認知が低いので、制度が十分に活用されているとはいい難い状況です。家の新築やリフォームなど大きな出費をしたのですから、ポイント申請をしてもらえるものをもらわなければ損です。

家を建てるときには、建材に注目しよう

木材利用ポイントでは、対象地域から切り出された木材というだけでなく、その種類についても指定があります。ハウスメーカーや工務店の言う通りに家を建てたならば、使われた木材は対象外だったとなれば、制度を利用できません。ですから、新築やリフォームの段階で、木材利用ポイントの対象となる樹種の建材に変更できるかを確認することが重要です。気を付けるのは建材を変更すると、余計に費用が発生する可能性があることです。木材利用ポイントを念頭に置くならば、もらえるポイントと建材の変更で発生する差額を計算して、差し引きゼロ以上になることを確認して話を進めることが賢いやり方です。木材利用ポイントは1棟当たりの工事で、最大30万ポイントも付与されるので、上手に建材変更できれば差額を小さくして、差し引きプラスにすること可能です。